ワックスとフロアコーティングの違い

ワックスとよく似ているものに、フロアコーティングがあります。
ワックスとフロアコーティングはよく似ていますが、フロアコーティングは、必要に応じてさまざまな種類を使い分けています。

UVフロアコーティングは、耐水性・耐久性が強く、床を保護する機能に優れています。
赤ちゃんや子ども、ペットがいるご家庭で安心して使用できます。
フロアコーティングは、大切な家を守るため、そして家族の健康を守るためにも、ぜひおすすめします。

コーティングには、光触媒コーティングが日本では最高のコーティング技術ということで、話題を呼んでいます。
光触媒コーティングは、室内環境にもよく、インフルエンザなどのウイルス性の病気予防対策、室内の抗菌・消臭、室内の空気の浄化作用などを発揮します。

ワックスは、床にツヤが出ますが、水や摩擦、洗剤に弱いのが欠点で、定期的に行う必要があります。フロアコーティングは、傷や水、摩擦などから保護する機能に優れており、1度施すだけで十分長持ちします。
料金は、ワックスよりもフロアコーティングのほうが高くなります。

コーティング

ハウスクリーニングの業者には、大きく分類すると2通りあります。家事を代行するタイプと、専門的な技術で清掃やメンテナンスを行うタイプです。
室内は、掃除をしないままだとほこりやカビが付着して、汚れてしまいますが、住まいの汚れを落として、キレイにするのがハウスクリーニングの基本です。そして、室内が汚れないよう、予防することをコーティングと言います。

コーティングは、一見ワックスにもよく似ていますが、ワックスは、床にツヤを出して、すべりをよくして見た目がキレイになります。
コーティングは、床に傷がついたり、汚れないように予防や保護をすることです。コーティングをしておくことで、汚れにくく、コーティング後は、お掃除やお手入れがとても楽になるというメリットがあります。
住まいのコーティングには、さまざまな種類があります。それぞれ用途に応じて使い分けています。

コーティングは、ハウスクリーニング業者が行うところもありますが、専門のコーティングの業者もいます。住まいを新築したり、リフォームをした後にコーティングしておくと、その後のお手入れが楽になります。

Recent Posts

Latest Links